なずなログ

ただのSIer系SEが思ったことや色々書く感じのアレです

【週間ログ】全く集中できなかった一週間

今週は忙しかった割に集中できなかった。

むしろ、集中できなかったから生産性が悪化して忙しかったのかもしれない。 (まともに捌いていても物量は多いんだけど…。)

集中できなかった訳

集中できなった理由はそう、あいつだ

第三大臼歯という一番最後に生えてくる永久歯、いわゆる親知らずである。

今まで軽い炎症が起こることはあっても、「なにか当たると痛いな」レベルだった。

しかし、今回のあいつは本気を出してきてマジで痛い。

唾を飲み込むくらいの刺激でズキズキする。

それに加えて低気圧起因の偏頭痛のダブルコンボでズキズキするもんだから仕事に集中できるわけもない。

歯医者へGO

仕事を進めるのは諦め、チームメンバーにごめんねと言って歯医者に行った。

歯医者に見てもらうと「あー。結構盛り上がってきてますねー」と言いながらグイグイ押される。

先生痛いから優しめでお願いします…。

とりあえずその日はかみ合わせのスペースを空けるために親知らずと当たりそうな歯を若干削った。

最悪の夜

一番最悪だったのはその日の夜だった。

若干ズキズキするものの、明日も仕事だから寝ねばと思い床についたのは良いものの、明かりを消したら意識が痛覚に集中し始めた。

とりあえずあったかいものを飲んで、少しだけ落ち着いてから意識は眠りについた。

それもつかの間、2時間後ぐらいに痛みで目が覚めた。

痛い。ただただ痛い。

痛覚の主張が激しすぎて眠気がどこかに行ってしまった。

とりあえず自宅にあったロキソニンで対抗するものの、和らぐのには多少時間がかかる。

痛みが引くのを待ちながら、痛みに悶えながら眠気が戻ってくるのを待った。

気がついたら朝になっていたが、さすがにお弁当を作る元気なんてない。

結局その日も、さらに言えば今週はずっと仕事もあまり捗らなかった。

疲れすぎて土曜日はブログを書く気力も何も起きなかったレベルだった。

抜歯

そして、ようやく今日抜歯をしてきた。

抜歯前の麻酔+お掃除

まず麻酔を打ち、麻酔が回るまでの間に口の中の掃除などをしてもらった。

歯磨き下手なのどうにかしなきゃ…。

歯石を削るときに「ちょっとお水出ますからねー。飲んでもいいんですけど、できれば口の中に溜めておいてください」と言われたけど、みんなどうやってんの??

口の中に貯めるために力を入れると鼻呼吸ができなくって死ぬかと思った。

鼻呼吸をするために力を少し抜いたとたんに待ってましたと言わんばかりに溜まった水が喉に流れ込み、それにびっくりした結果気道に流れ込む始末。

先生びっくりしたよね…。ごめん…。

抜歯本番

掃除だけで若干疲れたが、ようやく抜歯本番。

麻酔が効いていることを確認しながら歯茎切っていたが、歯茎が切られている感覚は全くなかった。

その後、まずはそのまま抜けないか確認するために引っ張られたが「あー。ダメだね。削ろう」といわれ引っかかっている部分を削ることに。

いくら麻酔がかかっているとは言え耳元にゴリゴリ削る音と骨に振動が伝わってくる感覚は怖くはないけど新鮮だった。

削る部分が奥に差し掛かってくると、若干の痛みが走るようになったので麻酔を追加投入。もう麻酔針は痛くない。

引っかかっていた部分が削れたとのことで、再度抜歯にチャレンジ。

「ちょっと押しますねー」と先生は言うが、まったくちょっとではない。

私が顎関節症だったり顎が弱かったら外れるんじゃないかというレベルでグイグイ押される。

痛みはないけど押されるのはさすがにわかる。

口内土木工事の異名は伊達ではない。麻酔がなかったら半端ない痛みなんだろうと想像せずにはいられない。

何回か押された後、無事抜けたとのことで穴が開いた部分を縫合して施術は完了した。

費用とその後

歯石除去+抜歯の費用は保険適用で5350円だった。思ったより安い。

抗生物質ロキソニンを処方され、歯医者を後にした。

麻酔は2時間ほどで切れるという話だったが、3時間程度続いた。おそらく追加投入したからだろう。

そして追加後に来る施術部分の痛み。結局抜いても痛えのかお前は。

麻酔が切れる前にロキソニンを飲んでおくべきだったと心から思う。今後抜歯しに行く人は覚えておいてほしい。

来週以降に抜糸をして、炎症等起きずに抜歯後の穴がふさがってくれていれば人生初の対親知らず戦は無事終了ということになる。

来週は?

安静にします…。